今日は夕飯にカツオの刺身を買ってきました。冷蔵庫から出して包丁で切ろうとしたところ、どこからともなくやって来た青猫がキッチンにのっかってきました。これは今日に限ったことではなく、いつもお肉やお魚を切ろうと冷蔵庫から出すと、青猫はスタスタとやってくるのです。どんだけ鼻が利くのでしょう。ある意味感心してしまいます。でも、青猫のそばで包丁を使うのは危ないので、相方に頼んでキッチンから青猫を遠ざけてもらいました。

そして食卓にほっかほかのご飯をよそったお茶碗を置いておいたら、今度はそれに目を付けた白猫がダイニングテーブルへとやってきて、白米をペロペロしていました。すぐに止めさせましたが、なんでそんなに温かいご飯が好きなのか、不思議でなりません。

そしてご飯を食べ始めると、今度は黒猫と青猫がダイニングテーブルにのってきて、「カツオをくれ~」とアピールしてきました。しかし、黒猫はまだお話していませんが実は病気なので、療法食以外は食べさせたくありません。いつもお刺身やお寿司を食べる時、黒猫はお魚目当てにやってくるのですが、心を鬼にしてあげないようにしています。もちろん、青猫だけにお魚をあげると黒猫がかわいそうなので、青猫にもお魚をあげていません。