先週、かかりつけの獣医さんから「青猫ちゃんの予防接種の時期ですよ~」というお葉書がきていました。それに黒猫も定期健診に行かなくてはならなかったので、本日私が夕飯を作っている間に、相方に二匹を病院へ連れて行ってもらいました。

昼間に一回青猫を病院に連れていったのですが、お犬様たちのフィラリアの予防接種の時期で病院が大・大・大混雑しており、「1時間待ちです」と言われたので何もせずに帰って来たのです。

夕方に二匹連れて行った時にも混んではいたそうですが、昼間ほどではなかったようです。まずは青猫の予防接種を済ませ、その後黒猫の定期検診が行われました。黒猫の経過は良好で、特に問題はなかったので良かったです。

ちなみに、黒猫は自ら進んでキャリーに入ってくれるし、キャリーから出すのも楽なのでいいのですが、青猫は大病した時の記憶があるのか、キャリー=病院と彼の頭の中にインプットされており、なかなかキャリーに入ってくれません。なんとか押し込んで病院へ連れて行っても、意地でも出てきてくれないので、キャリーの上部半分を外していつも出しています。手のかかる青猫です。