次男坊の青猫はテレビが大好きです。ある時は、テレビの前を陣取り、じーっとテレビを見ていることがあります。それは決まって天気予報が始まる時です。といっても、もちろん天気が気になるのではありません。気になるのは、天気予報を伝えている人が持っている指し棒なのです。指し棒が動くと、指し棒めがけて「エイ!ヤー!」と猫パンチの応酬が始まります。そんな状態ですから、我が家のテレビ画面には、青猫の肉球の跡がそこらじゅうに付いています。キレイにお掃除するのが大変です。

そしてある時は、液晶テレビの上部にまたがって、のんびりしていることがあります。青猫は暖かい場所を見つけるのが上手。液晶テレビ上部の通気口からは、ほんの少し暖かい空気が出ているので、寒い時にそこでぬくぬくしているようです。

一方、長男坊の黒猫は、テレビでいたずらするのが大好きです。テレビ上部に付いているチャンネルボタンや音量ボタンを足で押して、チャンネルを色々変えたり、最大音量に向けてボリュームを上げたりします。嫌がらせの天才です。