ようやく冬も去り、暖かい日が続くようになってきました。

我が家の愛猫たちは、ドライヤーが苦手なので、お風呂に入れた後は自力で被毛を乾燥してもらっています。なので、気温の高い日でないと愛猫たちをお風呂に入れてあげることが出来ないのです。こたつがあれば寒い日に入れてもいいかもしれませんが、我が家にはこたつがないので、風邪でも引かれたら困りますからね。

といっても、我が家での愛猫たちをお風呂に入れる頻度は、1年に多くても2回ぐらいです。完全室内飼いで外に出ないので、そんなにお風呂に入れる必要性を感じていません。

愛猫たちもお風呂に入るのがあまり好きではなく、お風呂に入れている間は「ニャーニャー」と悲痛な声で鳴き続けます。お風呂からあがって、体をタオルで拭いてあげている時も、早くお風呂場から立ち去りたくて仕方なさそうに、ドアの方へと移動していきます。

拭き終わってお風呂場のドアをあけてあげると、愛猫たちは一目散にリビングへ戻り、一生懸命体を舐めて毛並みを整えています。