猫との生活を幸福にするおすすめグッズや病気の知識

膀胱炎

何度もトイレに出入りしたり、おしっこの態勢を取っているのに尿があまり出なかったり、おしっこに血が混ざっていたり、トイレ以外の場所で粗相したり、おしっこする時に痛そうな声をあげたり力んでいたりしたら、採尿して速攻病院へ連れて行ってあげて下さい。膀胱炎の可能性大です。

 

膀胱炎の主な原因として、細菌、ストラバイトなどの結晶や結石が挙げられます。その場合は持参した尿を検査したり、エコーやレントゲン検査を行えば原因が特定でき、細菌なら抗生物質を投与したり、結晶の場合には結晶を溶かす餌を与えたり、結石なら手術で取り除いたりするなどの治療を行うことになります。

 

しかし、これらの要因が関係しない、原因が特定できない膀胱炎も猫にはよく見られます。そのような膀胱炎の場合には、「突発性膀胱炎」と診断されることでしょう。この場合、与えている餌、ウイルスや肥満などがその原因として考えられてはいますが、まだ解明されていないのが実情です。しかし、ストレスが強く関連していることだけは確かなようです。

 

膀胱炎にならないためには、お水をたくさん飲ませることです。常に新鮮なお水を用意したり、水飲み場の数を増やしたり、冬場は人肌に温めた白湯を置いたりするなどしてあげて下さい。固形の餌を食べている猫や、猫が水を飲まなくなる寒い季節には、特にこの点に注意が必要です。

 

そして猫にストレスを感じさせないことも、突発性膀胱炎の予防には重要です。例えばトイレです。猫はとてもキレイ好きで、汚いトイレで用を足すことは大変苦痛に感じます。ですから、トイレは常に清潔に保ってあげるよう心がけなければなりません。また、忙しさにかまけて愛猫の相手をサボっていませんか?例えお仕事で疲れていても、帰宅したら少しでいいですから愛猫とコミュニケーションを取る時間を作ってあげて下さい。

サイト内検索

2018年9月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

Copyright © 猫福来来|猫生活グッズや病気の知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.