猫との生活を幸福にするおすすめグッズや病気の知識

疥癬(かいせん)

猫ヒゼンダニという寄生虫が猫の皮膚に寄生することで、「疥癬(かいせん)」という、ひどいかゆみを伴う皮膚炎を患うことがあります。

猫ヒゼンダニは猫の表皮をエサとしています。猫の皮膚の角質層に深い穴を掘ってそこで死ぬまで生活をします。メスの猫ヒゼンダニは、穴の中に卵を産み落とすと、卵から孵ったダニの子は数十日という短い期間で成ダニへと成長していきます。そして成長したオスとメスのヒゼンダニが交尾することで、またメスのヒゼンダニが卵を産む…というサイクルを繰り返すのです。

猫の皮膚病の中でも、これほど強烈なかゆみを伴う病は他にないといっても過言ではありません。

感染初期の頃は、猫ヒゼンダニは耳や頭部を棲みかとしており、顔や耳など頭部の皮膚に赤い発疹やかさぶたが見られるようになり、頭部の激しいかゆみから猫も足で懸命にかきむしり、そのせいで被毛がまだらに抜け落ちる脱毛が見られるようになります。また、引っ掻いたことで出来た傷から出血もすれば、傷口から雑菌が入って膿んだり、細菌感染したりすることもあります。また、フケも目立つようになります。この状態のまま何の手も打たないと、猫ヒゼンダニも全身に寄生範囲を広げ、それとともに病変も全身に広がっていきます。

感染源は主に野良猫です。「家は完全室内飼いだから安心」と思ったそこのあなた。そんなあなたは注意が必要です。外で猫を見かけた時に、その猫に触ったり、抱っこしたりしていませんか?そうした行動をすることで、あなたの衣服に猫ヒゼンダニが付着して家に持ち帰ってしまうことも考えられるのです。それに、稀にですが猫ヒゼンダニは人間にも感染しますので注意が必要です。

もし愛猫が疥癬になってしまったら、ダニの駆除を薬で行います。感染した猫が使っていたベッドやマットなどは焼却処理したり、消毒したりすることも必要になってきます。また、多頭飼いをしている場合には、例え他の愛猫は感染していなくても、同時に治療を受けなければなりません。そして愛猫の過ごす部屋は隅々までキレイに掃除し、愛猫の生活環境から猫ヒゼンダニを完全に排除することが重要になってきます。

 

主な症状:赤い発疹、かさぶた、ひどく痒がる、脱毛、フケなど

 

 

サイト内検索

2017年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

Copyright © 猫福来来|猫生活グッズや病気の知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.