猫との生活を幸福にするおすすめグッズや病気の知識

猫回虫症

この病気に感染した猫が排泄した便に含まれる回虫の卵をひょんなことから口にしてしまったり、卵を体内に取り込んだネズミや鳥といった動物を食べたりすることで感染してしまう病気です。子猫の場合、母親猫がこの病気に感染していれば、子猫がその母親猫の母乳を飲むことで母子感染してしまいます。

猫回虫は猫の腸内を棲みかとして、猫が摂取した栄養分を奪って生きていきます。成猫が猫回虫に寄生されても症状はほとんど見られませんが、子猫がこの虫に寄生されると命にかかわります。嘔吐はもちろん、腹痛や、頻繁な下痢や便秘に苦しみます。腸内での消化吸収が妨げられて栄養を十分に取り込むことが出来なくなり、思うように体重が増えずに発育の遅れが見られるようになります。また、腸閉塞、お腹の膨れや貧血といった症状が出ることもあります。

子猫や野良猫を飼うことになったら、必ず動物病院で検便してもらいましょう。期間を空けて、最低2回は検査したほうがいいです。1回検査して回虫が見つからなかったのに、子猫が吐きだした吐しゃ物の中から回虫の幼虫が見つかることもあります。

また、猫回虫は人間にも感染します。特に免疫力の衰えた方や幼児には注意が必要です。何らかの形で猫回虫の卵を口にしてしまうと、卵が腸の中でかえってしまい、全身を移動して悪さを働きます。目に入り込んでしまい視力障害を引き起こしたとか、最悪、失明してしまったとかいったケースもありますので、お子さんが猫の糞があることも多い砂場や土遊びなどした場合には、手をよく洗うまで、汚れた手を口にくわえさせないなど、十分に気を付けてあげて下さい。

サイト内検索

2017年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

Copyright © 猫福来来|猫生活グッズや病気の知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.