猫との生活を幸福にするおすすめグッズや病気の知識

フィラリア症

フィラリア症は犬だけの病気だと思っている方が多くいるんじゃないでしょうか?フィラリアと呼ばれる犬糸状虫は、蚊を介して猫にも寄生することがあります。しかも心臓や肺の血管などを棲みかとし、血液中の栄養分を吸って生きています。この虫に寄生されたことで、感染するのがフィラリア症と呼ばれる恐ろしい病気です。

フィラリア症になりますと、嘔吐したり、下痢をしたり、頑固な咳が続いたり、呼吸困難に陥ったりします。食欲も失って体重が減り、元気もなくなって疲れやすくなり、眠っていることが多くなります。

フィラリアは10cm~20cmにもなる糸状虫です。この虫が血管内に寄生することで血の循環が悪くなり、心臓、肺、肝臓の機能に悪影響を及ぼします。また、死んだフィラリアの虫体が体内で血管を詰まらせることもあり、そうすると急な呼吸困難や虚脱状態に陥り生命の危機にさらされます。また、死んだフィラリアの虫体に反応して、アナフィラキシーショックを起こす猫もいます。

猫がこの病気を発症すると、急速に病状が悪化し、急死することが多いそうです。猫の場合、検査をしても体内にいるフィラリアが発見できないケースが多々あります。このように獣医でも診断するのが難しい病気なうえ、例えフィラリア症と診断できても、猫の場合は体内にいるフィラリアを安全に駆虫するのは困難なことなのです。

ですから、一番はフィラリア症にならないように予防してあげることが大切です。愛猫を外に出している場合はもちろんですが、完全室飼いでも蚊に刺されるリスクはあります。毎月、定期的に服用する猫用のフィラリア予防薬がありますので、かかりつけの獣医に相談して下さい。

 

症状:嘔吐、下痢、しつこい咳、呼吸困難、食欲不振、体重減少、疲労、寝てばかりいる、うつ状態

 

サイト内検索

2017年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

Copyright © 猫福来来|猫生活グッズや病気の知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.