猫との生活を幸福にするおすすめグッズや病気の知識

コクシジウム症

コクシジウム症はその名の通り、コクシジウムという原虫が原因でなる病気です。コクシジウムは猫の腸管の細胞を棲みかとし、細胞を破壊しながら分裂・増殖します。コクシジウムに寄生された猫は、糞と一緒にオーシストという卵のようなものを排出します。その糞を何らかの形で他の猫が口にし、オーシストが体内に入り込んだり、オーシストを含む猫の便を食べたネズミを捕食したりすることで感染します。

この虫に寄生されても、健康な成猫では軽い下痢程度の症状しかが出ないことが多いようです。ただし、大量のコクシジウムに寄生された猫、ストレスがたまった猫、免疫機能の衰えている猫、そして特に子猫は注意が必要です。発症すると、血の混ざったひどい下痢やそれに伴う脱水、貧血や発熱、嘔吐、食欲不振、消化不良といった症状が見られます。このような症状が進行して重症化すると、命を落とすこともあるので決して侮らないで下さい。

検便でオーシストが確認された場合は、駆虫薬で駆虫することになります。下痢や脱水といった症状には対症療法も行われます。

この病気の予防ですが、排出直後の糞に混じったオーシストは感染力がなく、時間が経つにつれて感染力を持つようになります。ですから、排泄された便はすぐに何重にも重ねたビニールなどに入れて始末する必要がります。また、飼育環境の衛生には十分配慮しなければなりません。ケージや食器などの熱湯消毒も有効的です。なにより「早期発見」を合言葉に、定期的に検便を行うようにしましょう。

 

主な症状:血便、下痢、脱水症状、貧血、発熱、嘔吐、食欲がなくなる、消化不良など

サイト内検索

2017年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ

Copyright © 猫福来来|猫生活グッズや病気の知識 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.